「 クラシック曲 」 一覧

クラシック曲のアレンジ曲やピアノのクラシック曲を打ち込みで再現したBGM素材のカテゴリです。著作権切れのもののみです。

シューマンのピアノ曲やパッヘルベルのカノン、ショパンの子犬のワルツなどがあります。

作曲者で絞り込む

雰囲気で絞り込む

【BGM】憾(うらみ) – 滝廉太郎

作曲:滝廉太郎 日本の明治の音楽家、滝廉太郎が作曲した数少ないピアノ曲「憾(うらみ)」です。うらみという穏やかではない曲名ですが、憎しみではなく若くして死ぬ無念さが込められた曲と考えられています...

【BGM】メヌエット ロ短調 – 滝廉太郎

音楽の教科書にも名前がのる、明治の日本の音楽家「滝廉太郎」が作曲した日本初のピアノ曲といわれています。滝廉太郎が作曲した曲の中でも、非常に少ないピアノ曲の一つです。西洋のクラシックの雰囲気を醸しつつ、...

【BGM】エチュード「蝶々」Op.25-9 – ショパン

作曲:フレデリック・ショパン ショパンの12の練習曲 作品25より第9番「蝶々」です。とても愉快でかわいらしい曲ですが、弾くのは鬼難易度です。...

【BGM】黒鍵のエチュードOp.10-5 – ショパン

作曲:フレデリック・ショパン ショパンの12の練習曲の第5番、右手の演奏が全て黒鍵である事から「黒鍵のエチュード」という愛称で親しまれています。これのどこが練習曲と思えるほどの超絶技巧ピアノ曲と...

【BGM】熊蜂の飛行(ループ)- リムスキー=コルサコフ

作曲:リムスキー=コルサルフ 熊蜂の羽音のように慌ただしく焦りを感じるような曲でオペラのために作曲されたものです。オペラでは蜂に姿を変えた主人公が悪役に襲いかかるという場面で使われますが、運動会...

スポンサーリンク

【BGM】熊蜂の飛行 – リムスキー=コルサコフ

作曲:リムスキー=コルサルフ 熊蜂の羽音のように慌ただしく焦りを感じるような曲でオペラのために作曲されたものです。オペラでは蜂に姿を変えた主人公が悪役に襲いかかるという場面で使われますが、運動会...

【BGM】グノシエンヌ 第2番 – サティ

作曲:エリック・サティ 怪しく不穏な雰囲気を感じるグノシエンヌ第2番です。テレビドラマや映画でも耳にする機会のあるピアノクラシック曲。...

【BGM】暗雲の予兆(前奏曲 ハ短調 BWV 999より)- バッハ

作曲:ヨハン・ゼバスティアン・バッハ バッハによる Prelude in C minor(BWV 999)より。状況が日々悪化していくようなシリアスな雰囲気を醸すピアノ曲です。ループして使えます...

【BGM】ワルツ第19番 イ短調 – ショパン

作曲:フレデリック・ショパン ワルツ イ短調 KK. IVb-11 ショパンの遺作。ショパンが亡くなる寸前に作曲されたと考えられ、死後100年ほど未発表のままでした。とてもシンプルな構成なので弾...

【BGM】蛇使いの男(Pezzi infantili Op.35-4)- アルフレード・ガゼッラ

作曲:アルフレード・ガゼッラ アルフレード・ガゼッラによるクラシック曲「子どものための11の小品 Op.35-4 Bolero」より。インドや中東の雰囲気を醸すピアノ曲です。ループできるようにア...

効果音素材を探す

クレジット表記なしの有償利用について
サブスクリプションプラン

スポンサーリンク

Facebookページ

公式Twitterアカウント


更新情報をお知らせします。
Booth通販ページ