「 クラシック曲 」 一覧

作曲者で絞り込む

雰囲気で絞り込む

【BGM】ハイドンの名による主題と変奏 – レイナルド・アーン

作曲:レイナルド・アーン 英題:Thème varié le nom de Haydn ハイドン没後100周年を記念して企画されたイベントで、レイナルド・アーンが作曲したピアノ曲。複数の作曲家...

【BGM】ハイドンを讃えて – ドビュッシー

作曲:クロード・ドビュッシー 英題:Hommage à Joseph Haydn 1909年に作曲されたピアノ曲で、ハイドン没後100年を記念してドビュッシーによって作曲された。フランスの音楽...

【BGM】燃える炭火に照らされた夕べ – ドビュッシー

作曲:クロード・ドビュッシー 1917年に作曲されたピアノ曲。寒さで暖を取る事に苦労していたドビュッシーに炭屋が手助けし、炭屋が見返りに1曲要求した事から作られた曲という。怪しさと冬の寒さを感じ...

【BGM】負傷者の服のための小品 – ドビュッシー

作曲:クロード・ドビュッシー 原題:Pièce pour l'oeuvre du "Vêtement du blessé" ドビュッシーのピアノ曲、日本語では負傷者の服のための小品、アルバムの...

【BGM】憾(うらみ) – 滝廉太郎

作曲:滝廉太郎 日本の明治の音楽家、滝廉太郎が作曲した数少ないピアノ曲「憾(うらみ)」です。うらみという穏やかではない曲名ですが、憎しみではなく若くして死ぬ無念さが込められた曲と考えられています...

スポンサーリンク

【BGM】メヌエット ロ短調 – 滝廉太郎

音楽の教科書にも名前がのる、明治の日本の音楽家「滝廉太郎」が作曲した日本初のピアノ曲といわれています。滝廉太郎が作曲した曲の中でも、非常に少ないピアノ曲の一つです。西洋のクラシックの雰囲気を醸しつつ、...

【BGM】エチュード「蝶々」Op.25-9 – ショパン

作曲:フレデリック・ショパン ショパンの12の練習曲 作品25より第9番「蝶々」です。とても愉快でかわいらしい曲ですが、弾くのは鬼難易度です。...

【BGM】黒鍵のエチュードOp.10-5 – ショパン

作曲:フレデリック・ショパン ショパンの12の練習曲の第5番、右手の演奏が全て黒鍵である事から「黒鍵のエチュード」という愛称で親しまれています。これのどこが練習曲と思えるほどの超絶技巧ピアノ曲と...

【BGM】熊蜂の飛行(ループ)- リムスキー=コルサコフ

作曲:リムスキー=コルサルフ 熊蜂の羽音のように慌ただしく焦りを感じるような曲でオペラのために作曲されたものです。オペラでは蜂に姿を変えた主人公が悪役に襲いかかるという場面で使われますが、運動会...

【BGM】熊蜂の飛行 – リムスキー=コルサコフ

作曲:リムスキー=コルサルフ 熊蜂の羽音のように慌ただしく焦りを感じるような曲でオペラのために作曲されたものです。オペラでは蜂に姿を変えた主人公が悪役に襲いかかるという場面で使われますが、運動会...

効果音素材を探す

クレジット表記なしの有償利用について
サブスクリプションプラン

スポンサーリンク

Facebookページ

公式Twitterアカウント


更新情報をお知らせします。
Booth通販ページ